クラブ行くくらいなら風俗へ

大好きだからこそなんです

風俗は大好きです。でも、大好きだからこそこだわる部分もあると思うんですよね。大好きだからと言って無条件でいろいろと楽しむって訳じゃなくて、大好きだからこそ、それなりにこだわりを持って楽しみたいって気持ちもあるじゃないですか。むしろ大好きではないものこそ、こだわりを持たないので好きなように遊べればそれで十分だろうって思いますけど、大好きなものほどこだわりを持って、じゃあ何をするのかって所まで含めていろいろと楽しむのがいいんじゃないのかなって。だから風俗に関してのこだわりは半端ないですよ(笑)むしろこれだけこだわりを持っているのは自分の人生でも風俗だけなんじゃないのかなって思っています。その他のことは、そこまで大好きではないので別にこだわりを持つ必要がないんですよ。でも風俗だけはこだわりがあるというか、失敗したくないという気持ちもあれば、せっかくだから絶対に楽しみたいって気持ちもありますよね。

禁断の快感に目覚めたかも…

いわゆるアナルの快感に目覚めてしまったかもしれません。これは本当に偶然でした。この前遊んだ風俗嬢がとっても上手で、こちらのアナルまで刺激してくれたんですよ。まさかそんなことまで…と思いましたし、風俗はおろか人生でも初めてのことだったのでやっぱり驚きと言うか羞恥心と言うか、いろいろな気持ちになりました。でも時間とともにこれはヤバいなと(笑)こんな快感を味わうのはなかなかできないだろうという気持ちから、途中からはもう自分でも何が何やら分からないというか、一体自分は何をされているのかも良く分からないような状況になっていて、気付いたら気持ち良さに体だけが震えているような状況だったんですよね。その日の感動は新しいことをしたという感動だけじゃなくて、本当に快感だったからこそなので、これからもお世話になるんじゃないかなと(笑)むしろこのジャンルも奥が深いんだろうなと言うのは実感していますので、しばらくはこれを楽しみたいなと。