クラブ行くくらいなら風俗へ

期待値は高まりやすいんですが

期待値と言うのはどうしても高くなってしまいがちなものです。特に風俗であればそれも良く分かります。そもそも、期待しないで風俗で遊ぼうって思う人はいないですよね(笑)期待しているからこそ風俗で遊ぶという選択肢になると思うんですけど、期待値が高すぎると本来であれば決して悪くはないのに結局「期待したほどじゃなかった」みたいな気持ちになってしまうんじゃないかなって。だから期待して遊ぶなとは言いませんけど、期待値をあまり高めないこともまた、とても大切なんじゃないかなと思いますよ。高めすぎてしまうと結局の所、本当は悪い子じゃないのに自分の期待値とのギャップで低い評価をしてしまうケースもありますしね。それはとても勿体ないことだと思いますので、そんなことにならないよう、自分でも気を付けています。適正な評価より、むしろ少し低めの期待値に抑えておくくらいが丁度良いんじゃないかなと思うし、そのおかげで自分は常に楽しませてもらっています。

安心感があるのは風俗だけかもなと

自分がここまで安心して遊べるサービスは風俗だけなんじゃないのかなって思っています。それだけとても楽しいジャンルなのは間違いないんですよ。何せとにかく楽しいのはもちろんですけど、自分の気持ちが安心出来るからこそいろいろな事を発揮出来るという考え方も出来るんじゃないのかなって思うんですよね。だって風俗って普通に考えたら他になかなかないというか、唯一無二のサービスでもあるじゃないですか。それだけ貴重な時間を満喫出来るからこそ、ついついハマってしまうんです(笑)それに、自分次第な部分もあるじゃないですか。自分の性癖はもちろんですけど自分が調べたり女の子との距離感を縮めたり。それによって快感も変わってくるなって。だからポータルサイトやホームページといった女の子の情報を調べられるものを徹底的に調べた上でコミュニケーションによって距離感を縮める。これによってさらなる楽しさが待っているのもまた、風俗の特徴ですよね。