クラブ行くくらいなら風俗へ

さすが風俗。実感したレベルの高さ

「高級」と銘打たれている風俗のレベルの高さはさすがですね。高級デリヘルとか高級ソープはさすがに他の封よりもレベルが高いです。具体的に「レベル」とは、まずは女の子のルックス。これはやっぱり素晴らしいです。風俗嬢として合格点というよりも、女の子としての合格点ですね。繁華街とか歩いていたら普通にスカウトとかされるんじゃないかってレベル。それだけのビジュアルのレベルを持つ女の子がさらにはお客のためにと言う献身的な姿勢を持っているんです。すべての面でお客ファースト。お客を何よりも優先してくれるからこそ、やっぱり嬉しい気持ちになるものなんです。だからそれらの風俗は気持ち良いというだけじゃないんです。気持ち良さに加えて自尊心も上手く刺激してもらえるものなんですよ。それが非日常感をより強めているんじゃないのかなって思いますね。非日常の中の非日常。そんな気持ちを味わうことが出来る点が最大の特徴なのかもしれません。

嬉しい誤算はたくさんある

風俗ではいわゆる「嬉しい誤算」はたくさんありますよね(笑)それもそのはず、リピート以外はどうしてもホームページやポータルサイト、風俗情報誌もそうかもしれませんが、とにかく動いていない女の子を見てどんな風俗嬢なのかを想像しなければならないんです。相手の個性が分からないだけじゃなく、どんなタイプの女の子なのかさえよく分からないというか、静止画だけですべてを判断しなければならないじゃないですか。だからこそ、実際に風俗嬢と会ってみて「そうなのか」と思う部分もありますよね。それがいわば嬉しい誤算ですかね(笑)静止画だけで判断して選んで指名している分、こちらの想像力もそれなりに高くなってしまっているってことなんですよ(笑)でも、祖の想像力とはまた違った展開を楽しめたり、あるいはいろんなことを楽しめるとあって、自分自身、風俗の楽しさの一つが「ギャップを楽しむ」になるんじゃないのかなって気持ちはありますけどね。